So-net無料ブログ作成
検索選択

ADHDドクターと「依存症」研究三昧♪ [出版ニュース]

昨日は福島へ日帰り出張で、精神科のドクターとのコラボ仕事に熱中してきました。

今、世の中に「依存症」と名のつくものが増え続けてます。そうなる人の人口がという話だけでなく、ハマる対象の種類が続々バラエティ化してて、アレも依存、コレも依存、と認定されつつあるんですね。そんな実態の紹介に加えて、なぜそうなるの?!という原因解明に役立つ「新しい答」について、先生の臨床研究のインタビューを中心に、対談スタイルで1冊の本にまとめるんです。

私自身、ダイエット依存だの拒食・過食の経験をカムアウトしていますが、その他いくつかの依存にハマって自力脱出してきた履歴があるので、この問題に関しては一種の専門家。2000年に「すべての依存症に秘められた共通の目的」なる論文を雑誌に発表したこともあったりして、実は拙著『ダイエットやめたらヤセちゃった』第5章の「感情の否定」「感情は、食べられる栄養だ!」のくだりは、これを下敷きにしているんです。

また、先生のほうも、コアな専門はADHD(注意欠陥多動性障害)・LD(学習障害)などの発達障害や、BPD(境界性人格障害)なんですが、ご自身がADHDを持っているとカムアウトされていて、そのADHD(ADD=多動ナシの注意欠陥障害も含む)が依存症と深~い関わりがある事を訴えてらっしゃるので、思い当たる人は聞き捨てならないハナシ!

ADHD・ADDといえば、ちょっと前に『片づけられない女たち』で一躍日本でも有名になった言葉。お医者に相談するほど切実に困ってはいなくても、自分にもややそのケが…とチクチク思い当たったグレーゾーンの人は少なくないだろうと思います。(私もそうだった…)

出るのは秋以降になる見通しですが、発売日が確定したらお知らせしますね。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 3

こうちゃん

「すべての依存症に秘められた共通の目的」なる論文、見たいです。ブログありませんか?この世にはダイエットを初め依存症になり業者側に都合よくもうかるものが沢山潜んでいます。

「体は、体自身の力によってしかやせない」これは、すべてのことに共通ですね。例えば保険やさんは「入りなさい」と外から過激な圧力をかけるのではなく我々が自主的に保険に入りたくなる気持ちにさせてくれますね。まつりこ先生、さすが元生保レディ。
ダイエット成功のためには、日常生活の何かと結びつけることが重要、そして仕事や恋愛についてもダイエット成功の実績から結びつけると上手くいくことがありそうです。
by こうちゃん (2007-04-22 08:00) 

こうちゃん

すいません、補足です。
つまり「人間は、自然な内側からの力によってしか動かない」それを理解した「業者側」と理解していない「消費者側」の兼ね合いによって依存症になる人間が増えていくのですね。
by こうちゃん (2007-04-22 08:28) 

まつりこ

こうさん、こんにちは。
リクエストどうもありがとうございました☆
お尋ねの「すべての依存症に…」の内容の大半は『ダイやめ』第5章の
↑上記2節に割って書きましたので、言ってることは大体かぶってますヨ。
一応、掲載されたのは「正論」2000年9月号でした。

>さすが元生保レディ。

あはは…あまりらしくない短い履歴ですが、バブルのおかげで小娘でもチャラチャラと営業してられましたね。

本当のことを言うと、業者側は、消費者が“あたかも自分の内側から欲求が生まれたかのように錯覚する”ように仕向ける情報を巧みに仕込んでるんですよね。
それでホントの内側からの欲求が出てきにくくなって依存症になる、というのが実相です。
by まつりこ (2007-04-23 16:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。