So-net無料ブログ作成

真央ちゃんの心の成熟を期待して [世の中エッセイ]

[雪]バンクーバー五輪のフィギュアスケート女子シングル、感情的には浅田真央ちゃんの金メダルを願っていた私としても、今回の銀メダルは妥当な結果だと思えました。
金を獲得したキム・ヨナ選手と真央ちゃん、二人のフリー演技を観た時、より精神的余裕のある人とない人との明暗がくっきり分かれて感じられたからです。

[位置情報]真央ちゃんの“余裕のなさ”には二つの要素がありました。
その一つは、「3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)を2回成功させる(SPと合わせて通算3回も!)」という“ピンポイント目的”の存在です。
そのピンポイントに向けて、キリのように集中するエネルギーと、演技全体をすみずみまで持続的に表現しきるエネルギーとは、両立しにくいもののはず。真央ちゃんも、そのピンポイント目的を見事果たし終えた直後に、図らずも集中の糸がゆるんだかのようなミスに見舞われました。

二人の順位は丁度、男子シングルで「4回転成功」を看板に掲げて成し遂げたプルシェンコが銀に留まり、はじめから4回転はしない選択をしたライサチェックが金を獲得したことと、合わせ鏡のような関係になっています。
現在の新しい採点システムでは、一つの離れ業を成功させるより、後者のエネルギーの使い方においてまさっていた者が、より評価されるという趣向が打ち出されています。
だから、元々ミスがなかったとしても、真央ちゃんが金を得られる確率はそれほど高くはなかったのですね。
そんな中で、“必ずしも表彰には結びつかないけれども、記憶には残る偉業”を達成目標に掲げた真央ちゃんは、現実的な戦略家であるより求道者のようなストイックな道を選んだということで、両方をいちどきに得るのは難しい注文だったのだろうという気がします。

[位置情報]また、余裕を欠いた二つ目の要素としては、真央ちゃんが、結果として得られるものである金メダルをも、とにかくそれが欲しいのだと「ピンポイント目的」のようにしてしまっていること。
キムヨナのフリー演技前に、彼女の直前の談話として「五輪では何が起こるかわからない。これまで多くの選手に起こってきた不運なことが私にも起こるかもしれない」という言葉が紹介された時、
この4年間、私は真央ちゃんを見守り続けた1ファン・1オブザーバーとして、内心“負けたな”と感じるところがありました。
同年同月生まれの宿命の好敵手として比較され続けてきた二人ですが、現時点では、キムヨナの方が一歩先に“大人”になり、頂点に立つ者にふさわしいメンタリティに達していたと言えるでしょう。

“そんな事を口にして、もし実現できなかったら恥ずかしい”といった計算などせず、欲しいものは欲しいと臆することなく口にし、負けず嫌いの感情を取り繕うことが出来ない真央ちゃんを、私は天衣無縫で愛すべき人だと思っています。
ただ、おそらくそのままのメンタリティでは、あのキムヨナを凌駕して金メダルを得ることは難しいのではないかとも危惧しています。
口にしてしまうほど、実現が遠ざかる、ということもあるのですから。

競技終了後の2ショットインタビューでは、キムヨナは「真央がいたから今の私がある」と、口先だけでなく、隣りで不本意感と動揺を隠せないままの真央ちゃんを心底気遣う目で、励ましを伝えようとしているのがわかりました。
隣国同士でほぼ同時に生まれ、双子のように並び立つ運命を持った二人の魂の結びつきの深さを窺わせるひとコマでした。

[位置情報]これは私的な展望なのですが、おそらくこの先、真央ちゃんが「金が欲しい」と口にしなくなった時、真央ちゃんの中でそれを得ることが一番の目的ではなくなった時、自然に彼女がそれを得られるよう、物事の流れが切り替わるのではないかと思います。

これからの4年間に起こるであろう“変化”が楽しみです。[台風]
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 2

まい

はじめまして!口にするほど現実になるのが遠ざかることもある?…知りませんでした。口にする方が現実化するように書いている本が沢山あるように思いますが。
真央ちゃん私も大好きです!清純さや品の良さも彼女の魅力だけど幼過ぎると言われてますね、、、安藤みきちゃんは食べて吐く生活をしてたと本に書いてました。美を競うスポーツ選手にそういう人、多そうですね。食べて太らなくなりたいとかダイエットから解放されたいと思う人は、どんな思いを口にしたり実行したり、考えたら良いのでしょうか?
by まい (2010-03-08 17:50) 

まつりこ

まいさん、はじめまして。
そうなんです。自分一人の心がけ次第で何とでもなる願望の場合は、
「絶対そうなる」と言っているうちにホントに実現できたりもしますが、
もっと複雑な問題の場合は、あまり口に出すと、力みが入ったり、
エネルギーがもれたりするんですね。
だから本当に大切な願望は、胸に秘めておいた方がよかったりします。

スポーツ選手の摂食障害はかなり多いと、精神科のお医者さんから聞いています。
「記録を伸ばしたいなら体重を落とせ」という脅しめいたプレッシャーのかけ方をされるそうで、真の健康を度外視した、ひどい話だと思います。
by まつりこ (2010-03-09 00:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。